Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 魔術とビジネスと

カラー戦略を補色で考えると納得。

突然ですが、企業のコーポレートカラーは青が多いです。サイトでも名刺でも、ビジネスシーンではとにかく青または紺。または水色。逆に、ミッションを掲げてる会社カラーは緑が多いです。

なぜでしょうか?

カラーの理論でいけば青=冷静さ、清潔さを感じさせるし、緑=平和のイメージを持たれやすくなります。ですから、冷静さやクリーンさを求められるビジネスシーンで青は有効なカラーリングな訳ですね。まあ普通に言えば。

でも、気づいちゃったw

青の補色は黄色。そしてお金の色は?

そう、お金といえば黄色。つまり、青=マネタイズの色になってしまうのです。四大元素的にも地=黄、水=青、火=赤、風=緑ですし、タロットのペンタクルは地のシンボルです。そう、補色は完全にお金。つまり、営利企業の目的と合っているのです。

そして、緑の補色は赤。赤は情熱の色ですね。ということは、ミッションを掲げて営業してる会社の情熱を表してると。ボディショップの創業者アニータ・ロディックは「アンガー(怒り)があるから活動する」と言ったそうで、社会活動で有名な方です。名古屋大学にもミッションがあります。そう。ミッションで社会を良くしよう、という信念を表してしまう。そういえば、このサイトもお約束を掲げてますよね^^

このように、カラーを補色から目的利用すると、意外な結果が表れるのです。

黄色の補色は青ですが、楽しいイメージの黄色が、補色では実は冷静さや知性の色、青となります。楽しさの影に真理あり、でしょうか。また赤の情熱も、補色では平和の緑。「女性=赤=平和の色」と考えると、ジェンダーが見えてきます。そうなると「男性=青」は稼ぐ性ですね。なんだか日本の構図だわ~(笑)

というわけで、カラーはその色のイメージだけでなく、補色≒その色の本質を読み取ると色んな意図が見えるよ、というお話でした。あの人の好きな色から、意外な本質が見えたりして(笑)

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP