Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 魔術とビジネスと

ムスリム、クリスチャン向け。聖句を護符にする方法

このサイトは、意外とクリスチャンやムスリムの方が見て下さっているのですが、魔術に関心を持たれる方もいまして。しかし、キリスト教もイスラム教も聖典がすべて、魔術や占いなんてとんでもない、という宗教ですので、こうした方々でも可能な護符について記述してみます。

もちろん、仏教徒にも可能な方法ですので、よろしければ。

まず、聖句を選びます。(聖書より)

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。」

ラテン語に翻訳。←伝統的にキリスト教で使われてきた言葉を使いました。

「Nolite timere. Ego vobiscum sum. Ne cesses. Quia ego Deus tuus.」

紙に写します。神とペンでOK。

今回は安定を表す四角形にしました。△や○でもOK。クルアーンの聖句の場合は、イスラム書道でもOK。

お香で紙を炙り、アカンものを追い出してから祈ります。神様に、この護符に力を与えてもらうように。

これで完了。

拍子抜けするほど簡単ですが、護符魔術のキモは押さえてますので、ちゃんと成果を出してくれます。上記の護符の場合は、神様が身近に感じられるようになったとか、勇気をもって頑張ろうと思える機会が増えたとかが報告されています。あ、紙はロフトとかで1枚10円くらいで売ってる結婚式用のネームカードでもいいし、和紙でもOKです。要するに、こだわりの紙とペンであればなんでもよいと。

仏典の場合は、お経を手帳に書いておけばそれでOK(般若心経をピラミッド型に並べて書くやり方もありますが、別に普通で構いません)。ガヤトリーマントラなどサンスクリット語の場合は、ピラミッド型などで書く事がありますので、それは各マントラの画像等を参考にしてください。←検索すればすぐ出る。

というわけで、変な魔術に手を出すより聖なる言葉を活用しましょう、というお話でした^^

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

 

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP