Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. スピを仕事にするなら

占いはライフスタイル。プロほど人から見て恥ずかしくないことが大切

はい、すみません。更新もココナラも止まり気味です。←原因はこれ

うちの生徒で勉強めっちゃ苦手だけど、家事もお料理もものすごく上手な子がいて(趣味らしい)、その子のインスタ見て反省したので頑張ってたら。。。やかましいわ(笑)

さて、お客様から「タロットさんが教えてくれる」「この子(=自分のデッキ)」といった表現をする占い師さんを教えてもらいまして。

う~ん、恥ずかしくないのかな、この人たち。。。

それともキャラか?

と申しますのも、私自身が「スピリチュアル=神様を尊敬して生きるライフスタイル」という定義をしておりますので、ライフスタイルである以上、人から見られることを前提にしているからです。スピリチュアルって一種のオタク文化と化してまして、人に迷惑かけなければ自分で楽しんでいいものだと思われてきたのですが。。。施術やる方までそれじゃアカン。

というのも、ネットで集客する=人様から見られるわけで、実社会以上のマナーが求められてくるのです。まして、スピリチュアル系サービスは値段の根拠が分かりにくいので、それをお支払いいただくだけの人物である必要があります。

そして、私自身はタロット=ロールシャッハテスト=深層心理を絵を通して理解するものだと考えておりますので、タロットリーディング=潜在意識と顕在意識の対話と説明しております。

そうなると「タロットさんが~」は、つまり「私の潜在意識さんが~」となるわけで。。。また、大工さんのカナヅチに等しいタロットデッキを人格化してるのも、子どもっぽくない?

(確かに大工さんもカナヅチを「こいつ」って呼ぶけど、それはあくまでも相棒で、使いこなすのは自分という意識がちゃんとあります。タロットを「この子」と呼ぶ人は、使いこなす意識が少ないので違和感なのです)

私もタロットデッキとの関係づくりについては書いておりますが、それは基本「道具として」なので、スピさんお得意の「考え方が違う」と言われればそれまでなんですがね。←宗教学でほぼすべての宗教や神話に共通のものが出てきてるのに、なぜ「考え方が違うスピ」が成立すると思うんだろうか。。。

というわけで、初心者さんはタロットは道具であり、占いは技術だから基礎を学んだら、安心して自分のスタイルを楽しめばいいと提案します。

そしてプロは、人に見られて恥ずかしくないスタイルを作りましょう。

どんなプロでもプロである以上、人から見られる意識が必要ですよ。ただし、クレームが嫌だからと「セミプロです」「初心者ですが、人様の役に立ちたくて出品してます」はやめましょう。市場価格を引き下げるので、ちゃんと活動しているプロの足を引っ張ります。

つまり、技術でご飯が食べたいならちゃんとしたプロになること。

人としてもちゃんとして、多くの方に応援してもらえるプロを目指しましょう^^

まあ、更新さぼった理由が「メシマズ脱却!」な私が偉そうなことは言えませんが。。。

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP