Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. スピを仕事にするなら

毒親・虐待親の相談に乗る方法

今朝、めっちゃ早く起きまして。

惑星マジックの本をおもむろに開いたかと思うと、火星5の護符(超有名な魔よけ。ただしサソリの絵でキモい)、木星6の護符(あらゆる危険から身を守る)、木星7の護符(貧乏から身を守る)を作成し、朝から術をかけ。さらに既存の護符(悪霊と嫌な人を追い払う)もメンテナンス。今日が半月で、まとめて護符作る派の私にとってちょうどいい日だからって、ちょっと魔よけ過ぎでしょ~と笑ってて気づいた。

今日、母が遊びに来るんだった。。。

そうか、うちのお母さんは悪霊かw

というわけで、自分の母親を悪霊扱いしてるひどい娘がここにおりますが、虐待親や毒親に悩まされた経験のある方なら、たぶん分かってくれる。←勝手に期待すなw

仕事柄ひどい親御さんに悩む子や、施設から通う子もいまして、相談を受けてると「そりゃ怒りたくなるよな」と思います。でも、世間では「親だって大変なんだから」「親に感謝しないなんてわがまま」など、とにかく親が正当で、自分の主張は単なるわがままと取られてしまいがちです。いや、人を自殺未遂に追いやったらそれ犯罪だし、殴ってけがさせたら傷害罪じゃんか。なんで親だけいいんだ?と常々思いますが、占いに来る方でも意外と多い毒親・虐待親の相談。これは間違うと大変ですので、次の点を覚えておきましょう。

①相手の話を聞き、「おかしいかな?」と思っても否定しない。

②相手の状況を整理して確認する。

③相手が落ちついたら方向性を見せる。

①について。今の30代以上は、子どもの頃鉄拳制裁はアタリマエ、竹ものさしでシバかれて怪我した~なんて普通だった世代です。ですから、親からの暴力の話を聞いても「悪い事したからじゃないの?」と思ってしまいがち。また、虐待や毒親に苦しむ人は、脳が怪我をした状態(虐待を受けると脳の機能が変質するという研究がある)ですから、通常と違う行動をとってしまいます。あえて親の暴力に迎合したりとかね。だから、常識で考えると理解ができません。

しかし、子供がちょっと自分の気に入らないキャラクターを欲しがるからって、欲しがらなくなるまで起きてる間中、暴言を吐き続ける親は普通でしょうか?あるいは、試験で0点を取った子どもに「お前なんか風俗行け」なんて言ったり、気絶するまで殴ったりしますか?

②について。苦しい状況を抱えている人ほど、自分を客観的に見られていません。また、被害を訴えても聞き入れられなかった経験(二次被害と言います)があるため、相手は信じてくれないと思っている場合もあります。ですから、私は紙にメモして相手に見せながら確認をとるようにしてますが、状況を理解していることを見える形で示しましょう。ただし、「どう思ったか」は省くこと。「何が起こって、どういう状況だったか」を聞き、気持ちを吐き出してきたら「そうか、つらかったね」位にとどめてください。気持ちに向き合うと、相談を受ける側がやられます。また、状況が整理できると相談者さまも落ちついてきます。

③について。②ができれば大分よくなっていますが、これだけだと依存関係に陥ったり、延々愚痴を聞かされたりと大変な目に遭います。そこで、今後どうしていったらいいか、方向性を示しましょう。虐待親に一人暮らしを許可されてない(虐待でもDVでも、暴力をふるう人に限って、被害者が出ていくことを嫌がる)場合なら、なんとか離れて暮らす算段をつけようとか、経済力がなければ、自立できる状態を作ろうとかですね。目標ができると、苦しみを振り向ける方法が分かりますので、愚痴大会になりにくくなります。

そして、スピ業界の人が絶対に言ってはいけないワード。

「親(自分)を許しましょう^^」

許せたら苦労しとらんわ。

親は大きらいだし、そんな自分はもっと嫌いだし。その状態の相談者さまにとって、このワードは凶器です。というか無理に許すとトラウマになるぞ。←経験者

ではどうするかというと、「大変だったね。でも、苦しいのは終わりにせん?許せんでもいいわ」というスタンスでいてください。私の場合ですが、「母大きらい」の内側には「母大好き」が隠れてます。「お父さん子」と言いながら本当はものすごいお母さん子ですが、だからこそ暴力をふるう母が許せないくらい悲しかったのです。でも、大好きだから頑張って言うこと聞いて、自殺未遂までいきました。まあ、お母さんは私のこと大きらいだったし、不幸になってくれればいい、と思ってたようですがwそんな状態だからこそ、母大きらいな自分が許せなかったのです。

多くの場合、子どもは親が大好きです。

つまり、虐待や毒親は、そうした子供の気持ちを利用した暴力&犯罪で、子どもの成長を踏みにじる行為なわけで。

(ただし、ワンオペ育児やDVなど、お母さんが追い詰められてる場合は情状酌量の余地あり。アカンのは積極的に暴力振るう親。そういう親は必要経費を与えない、交友関係を制限するなど、経済的・社会的に子どもを締め上げるケースが多い)

そういう目で虐待被害者を見ると、「悪い事したからじゃない?」とは言えませんよ。

 

虐待・毒親で苦しんでる方へ

親なんか許せなくて当然です。だから、気が済むまで怒って下さい。

辛い経験を誰かに話したり、紙に書いたりして客観化できたら、その経験からは手を切ることができます。そして、過去と手が切れたら、笑顔で「あの時はよくもやってくれたな」位の事が言えるようになります。私は26年間暴力を受けましたし、今でも悪霊扱いしてますが、実家には帰りますし、電話も普通にします。普通に笑いながらお酒も飲みます。彼氏に脅されて同棲させられそうになった時、自分の恋バナばっかりして一切話聞いてくれなかったアホな親ですが、「このアホ」で済む日がきます。無理はいけませんが、希望を捨てないでください。

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP