Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 管理人ふみと霊関係

霊符を自分で書いてみた。儀式は大切よ

先日、twittwerのリーディングでマンドラゴラ=恋人が連続したので、結婚に関する霊符を作ってみました。インターネット上で彼氏にプロポーズされるとの効果をうたう霊符を見つけて、彼氏いないけどこれに決定wまあ、意中の人に告白されることを祈ってw

やり方

①名刺サイズの厚紙を縦半分に切る。

②サインペンで文様を書く。

③完成した札に気を込める。

はい完成。

手帳に挟むことにしたのですが、ちょっと人に見られたら怪しいかなwポロリして生徒にからかわれたりして(^_^;)まあ、生徒も私がオバケ退治やってるのは知ってるし、見ても危ない符じゃないし、いいかw←それでいいのか教職員

さて、ここからが本題。

洋の東西を問わず、霊符を作る際には指定された特殊な材料を用意し、儀式に従って、神仏の力を借りながら作ることが求められます。守らないと失敗だし、人に見られてもダメな符も存在します。これ、どうしてか分かりますか?

実は儀式は「集中力」を限界まで引き出し、願望にフォーカスするためにあるのです。最も効率よく集中できる方法ですね。

材料は、思い入れを作る装置でもありまして。

ということは、集中力と思い入れがちゃんとあって、潜在意識と顕在意識が喧嘩してなければ、わざわざ手順を踏まなくても霊符は作れてしまうわけです。

それが上のスリーステップですね。

本来は東洋の符って筆書きだし、西洋系はインクで書くのですが、私は字が下手なんだよw筆とかふざけんなよ(知り合いの書き初めの宿題代筆したら、下手すぎてその人が怒られたレベル)wしかも、朝露やきれいな湧き水が名古屋のど真ん中で手に入るわけがないw墨と朱墨両方使うなら、どんだけ要るんやw

という事情ですので、他の方法でやれないか考えたら、上の状態になりましたw

ですがきちんと機能しているところを見ると、術者がそれなりに修行を積んでれば一応その辺のものでやっても成果は出ます。

まあ、儀式やればよりよい成果は出るでしょうがね。

術者の腕に依存せず、ある程度の成果を望むなら、儀式は有効な方法ですので、初心者の方はきちんと道具揃えましょうね(最初は指定。慣れたら気に入ったものを)

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP