Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 注意喚起

【注意喚起】直感力の正体。占いに直感はいらない。

「直感力を鍛えましょう♪」「占いに必須の直感力」なーんて文言がココナラ内で氾濫しているのを見つけまして。

んな訳あるか(-”-)

というわけで解説です。

たとえば、これ。

ある時期の新月リーディングなのですが、この絵それぞれを見て、どんなことを思いつくでしょうか?
たとえば、左側の「塔」。
あまり高い建物じゃありませんが(ヴィスコンティの作られた時代には高い建物はまれだった)、人が落ちてて、火事になってますよね。

これは周囲の状況として出たカードなのですが、ここから思いつくこと。。。たとえば、「火事」「人が落ちてる」といった情報が自分の経験と結び付くと、「火事のようなトラブル」「誰かが転落する」=大変な状況だ→という読みになります。このプロセスでは、いくつかのプロセスを省略して「ピン」とくることも多く、それが当たってるものだから、とっても不思議に感じると。

でもって、右の「星(逆)=希望の逆」が自分の状況で、相手の状況が「塔=崩壊」なもんだから、「希望の逆」と「崩壊」=まきぞえ?という読みもできてきます。こうした「ピン」とくるものが「直感」と呼ばれております。

が。

それ単なるひらめきだから。

心理学上、ひらめきは様々な情報がプロセスをふっ飛ばしてつながることにより生まれるとされますが、タロットの「直感」なるものも、色々のプロセスをすっ飛ばしてカードと自分の状況がひっつくから、的確な答えが出てきます。

つまり、単なるひらめきを「直感」なんて言い変えて、さも不思議な力で当たるように見せかけてるだけ。

ひらめきなんて、誰だってありますし、インプットする経験の種類と量を増やせば鍛えることも可能です。つまり、タロットとにらめっこすることも大切ですが、それ以上に色々な経験を積めば、それらと読みが結び付いて、まあまあ当たるようになっていくのです。
(だから「年配の占い師ほど当たる」という俗説が存在します)

というわけで、タロットには霊感も直感もいりません。

ご注意ください。

インスピレーションについても書いてます。

霊感占いへの注意喚起

霊感開発ダメ、ゼッタイ

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら

タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら

twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事

管理人

スピリチュアルのウソ、基礎知識、タロットやルーンなどの占いの情報を発信しております。

霊感持ちで、その辺の憑依霊くらいなら一瞬で消し飛ばす実力あります(笑)

本職は先生。

twetter @spiricare

お問合せ、ご依頼
forms@spirialcare.com

文章得意ですので、スピ系記事もご用命くださいませ^^