毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. タロットの使い方

カードといい関係をつくる

タロットでもルーンでも、その他占いにはすべて当てはまりますが、「道具といい関係をつくる」ことは非常に大切です。どういうことでしょうか?

それは、道具を熟知し、自分のイメージや経験を引き出すツールに仕上げることです。なお、くれぐれも「カードと仲良くなる」「カードの声を聴く」ことではありませんので、ご注意あれ(笑)←カードはあくまでも道具で、使うのは人間です。この点を間違えると、占いに振り回されますよ。

絵柄とキーワードを結びつける

タロットなら「魔術師」「皇帝」といった基本的なカード名称とキーワードを覚えるのは必須ですが、絵を見たとき自分が持ったそのカードへのイメージを持ち、キーワードとすりあわせる必要が出てきます。

そのすりあわせたものが自分の「シンボル」となり、相談内容に対して出た「シンボル」を解釈することで答えを得るのがタロットリーディングの概要です。慣れてくると、「このカードはこういう意味だから、これかこれだな」と一瞬で判断できるようになるわけですね(^^)→直感力の正体

ですから「力」=強さとシンボル化してたら、周囲の環境で「力(正位置)」が出た時「強さのある環境」=応援してもらえる、影響力のある人物がカギといった解釈ができると。

こうした1問1答をくりかえし、他の答えとの関係を考えながらリーディングしていくわけですね。

これができるようにするために、初心者は1枚1枚のカードを見てイメージを膨らませる訓練と、一般的なシンボルの意味を覚える訓練の両方が必要で、そのためには毎日占う必要が出てきます。だから、「初心者はライダー」って好きでもないデッキ使ってると続きませんよ(毎日見たい絵柄でないと続きませんからね←経験者)

話がそれてしまいましたが、このときイメージを膨らませる=自分のイメージや経験を引き出すことにつながっています。

そして、キーワードはそのイメージと、相談内容をすりあわせる為に必要なのです。ただし、一般的な意味が合ってなかったら、自分でしっくりくるように変えてもOKですよ(女帝=パワフル、死=はじまりと解釈する人もいます)。また、タロットにはデッキごとに解説書がつきますので、それを読むのもシンボル化的には大切です。

大体英語だから、苦手な人だと「ひー」ですが。

卜術は潜在意識との対話

タロットだけではなく、卜術とよばれる占い全般は、このようにしてリーディングを身につけていくわけですね。ルーンだろうが、ルノルマンだろうが、オラクルだろうが、ジオマンシーだろうが易だろうが、卜術である限り、このキーワードと現実のすり合わせからは逃れられません。

では、どうしてそんな面倒な手続きが必要なのでしょうか?

それは占い=潜在意識との対話だから。

「タロットは星の力を借りて占うのよ(エスカフローネ)」というセリフが昔のアニメでありましたが、あれは大ウソです(笑)自分の経験ストックから必要なものを持ってきて、相談内容に当てはめてるだけだってば。

(余談ですが、エスカフローネは潜在意識やスピリチュアルについて、半分ほど正しい理論に沿ってます。「思いは叶う」「不安なイメージがあると現実化する」とかですね。
まあ、主人公のひとみが大アルカナしか使えないとか、最後バァンとアレンの両方とも振って、もとの世界に帰っちゃうところとか、ツッコミ入れたくなる内容ではあります。面白いですが(笑))

その潜在意識が持ってる情報を引き出すために、いろんな道具があるのです。いうなれば、自分図書館のカギ=占い道具ともいえますね。そして、その図書館のよき司書になるには、蔵書とカギを知る必要があるのです。

基本の練習法

毎日同じテーマでワンオラクルを占う。これを1か月。慣れてきたらカードの枚数を増やしていく。これだけ。テーマは関心のあるものにしましょう。続けるためにも。

このときフルデッキを使って下さいね。

「初心者は大アルカナだけで占った方がいい」とよく言われますが、大アルカナと小アルカナは全然別の理論にもとづいて作られてて、それ1セットで1つの世界だから、くずしたらダメですよ。いつまでたっても片方の世界観でしか占えなくなっちゃいます。

楽しんで占いましょうね。

ルーンやジオマンシー、易なども、この方法で上達できますのでお試しあれ。

タロットの使い方一覧
ルーンキャスティングについて
マルセイユ版の逆位置問題
タロットの「直感力」の正体
ケルト十字の楽なやり方
セフィロトスプレッドの方法
ラバーズブリッジについて
タロットの練習法
マルセイユ版の面白いカード
自分を占うべきか?
ライダー版のあだ名
「彼の気持ち占い」ダメ、ゼッタイ。
卑弥呼の時代の鏡占い

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら
女性のための無料タロット講座はこちら→講座紹介はこちらより
タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら
twitter。先生としての日常やタロット紹介。豆知識など。
管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事