Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 管理人ふみと霊関係

怖すぎる霊能者あるある。

客「何十年も運が悪くって。。。」

ふ「それは大変ですね(この人気づいてないだろうけど、霊能者の素質ありだな)」

客「しかも、私に嫌がらせした方、みんな亡くなっているんです」

ふ「(出た!霊能者あるある!)」

はい、怖すぎる「あるある」でした。霊的に強い方や、職業霊能者にありがちな話なのですが、なぜか嫌がらせをすると、返り討ちに遭うのです(それも、忘れた頃に)。知人の霊能者親子などは、親→嫌がらせした人の親が死亡、子→嫌がらせした人の子供が死亡と、本人を取り残して一族滅亡させてくると。怖すぎですね^^;

しかも怖いのが、これには霊格はそんなに関係ないんだ。。。。

つまり、ある程度の霊能力さえあれば、相手を返り討ちに出来てしまうという怖さ。もちろん逆切れ程度では起こりませんが、正当な理由があると普通にできます。一種の呪いですね。で、正当な理由があると自分の方の上位存在が「やむなし」とGoサイン出してしまうと。いやいやいや、そこは助けてよ、って感じですが、霊的には相手にひどいことしたら相手の復讐は受けないとダメみたいです。やっぱり、人を傷つけた代償は大きかった。

私ですか?

こうならないよう、かなり気をつけてます。

以前、勉強不足で試験に不合格になった子から1年以上にわたる暴言を受け、キレたら親呼ばれて土下座させられたことがありましたが、この子は間接を壊してサイボーグ化した挙句、就職先でも悪事やってたらしく懲戒免職になり、再就職できてないそうです。また、浮気して別の女性と結婚した元彼は、生まれたそばから子どもが亡くなるらしいです。さらに、調子乗って嫌がらせしてきた同僚は、2週間後から持病が再発し、退職に追い込まれてしまいました。さらに、連行されて同棲し、DV被害に遭った私を「男と同棲したふしだら女」と罵った知人の父親も、持病が再発して救急搬送。。。

死にこそしないけど、どっちがマシなんだか。

まあ本気でキレたら、後で膝がガクガクして動けなくなるくらい普段から怒らんので、返り討ちも普通よりはマイルド?

こうした現象がすべて、私が返り討ちにした結果だったと知って以来、些細なことでキレないように注意するようになりました。職場で「ゴラァ!」連発しますが、これは問題ないようです。どうも、相手にひどいことをされ、しかも正当な制裁が下されない場合、発動しているようでした。

というわけで、対策として些細なことで怒らないように訓練し、ルールを守り、特殊な護符を身体に書いて生活しております。あとは、毎日マントラで相手の無事を祈るようにしております(これは、霊能者だけがやればよいものです。少なくとも「私やった方がいいかも」と思った方は必要ありません)。仏教でも同じような修行があるのですが、アカン願いが勝手に叶うようになっては大変(コードギアスが近い)なので、世界共通なのかもしれません。

というわけで、霊能者がルールに厳しくないとまずい理由だとお考えください。

そして、身近でこの現象を知ったら、とりあえずこの記事を読ませてあげてね。

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP