毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. パワーストーン

水晶クラスタ、お手入れしてますか?

水晶クラスタといえば、パワーストーンの置き場にしたり、何かの魔除けで置いたりと、スピ業界でもよく使われます。しかし、水晶クラスタのお手入れの仕方については、あまり知られてないですね。
「えっ、クラスタって掃除必要なの??」なんて返されることもよくあります^^;

でもさ、掃除しなかったらホコリがたまりますよね、物理的に。で、ホコリがたまる場所にはオバケもたまるわけで。そうなると、水晶がどれだけ負のエネルギーを消し飛ばすといっても、本来の力は発揮できませんよね。←ホコリをかぶった水晶でオバケ退治やってみたが、まったくダメでした(笑)

というわけで、水晶クラスタの簡単なお手入れの仕方です^^

水晶クラスタについて

まあ、ほとんどの方は水晶クラスタについて知っとると思いますが、知らん人向けに言えば、水晶の原石で、結晶がいっぱいついてるやつ。

これですね。

スピ業界では、パワーストーンの浄化兼置き場用としてよく使われます。

が、これ、形状が複雑なので、手入れしにくいんですよね^^;
水で洗っても奥の方のホコリは落ちないし。

で、ここで色々と道具が登場するわけですが、水晶はSiO₂(二酸化ケイ素)の結晶です。また、穴がたくさん開いてる多孔質ではなく、結晶構造としても密集してますので、水が入っても大丈夫と。
よく、パワーストーン業界では水や塩、セージでの浄化が奨励されますが、これらが本当に効く、珍しい石でもあるわけですね^^→詳しくはこちら

水晶クラスタの洗い方

さて、本題です。用意するのは歯ブラシ(ヘッドが小さいとよい)、デンタルフロス、お湯(40度くらい)、中性洗剤。

方法は簡単で、お湯につけてホコリを落とし、中性洗剤をかけながら、歯ブラシでこするだけ。せまい場所は、デンタルフロスを長めに切って、こそげ落します。水晶は脂がつきにくいですが、指紋などは適度に拭かないと落ちません。とくに、クラスタは形状が複雑なので、洗剤で指紋を落としていただくと、見違えるほどきれいになります。

ただし、クラスタの裏側の部分は、結晶の密度が小さくなってますので、中に入った水がかびる可能性があります。また、洗剤が残ってしまうこともありますので、洗剤がかからないように注意して洗い、かつよく天日で乾かしてください。

ちなみに、ローズクォーツとアメジスト、シトリンについては、同じように洗って大丈夫ですが、アメジストのドーム状のクラスタについては、裏側の多孔質の部分がかなり広いですから、お湯くらいにしておいた方が良いかと思います。(それも内側部分に、お湯を霧吹きでかけてホコリを落とし、それからタオルなどで軽く拭いて、2日ほど天日干ししてください)。
同じ理由で、アゲートも無処理の部分があるヤツは水にぬらさないでね。ビーズ処理されてる奴らは洗っても大丈夫ですが、染色処理されてる(色がキテレツな奴ら)と、色が抜けることがありますので、これも水洗いくらいにしておきましょう。

よく、水晶を中性洗剤で洗うとびっくりされますが、実は宝石業界では広く行われている方法だったりします(手軽で便利だから)。なお、水晶オンリーならパワーストーンブレスもこの方法で洗えます。金具がついてても、貴金属パーツなら歯ブラシと洗剤で、結構きれいになります。
(まあ、本格的な汚れは金属クリーナーが優秀ですが。。。これも知られてない事実w)

水気をきちんとふき取って、錆びないようにはしてくださいね^^

おまけ:ダイヤの洗い方

宝石業界あるあるですが、実はお客様のつけている宝石、ものすごくよく観察しておるんです。で、カモられるお客様の特徴で「つけているジュエリーが汚い」というのがあるんです。
業界人はダイヤのついた貴金属のネックレスは普段→鹿革で拭いてしまう、気づいたとき→中性洗剤で丸洗いして、よく乾燥してしまう。または職場の超音波洗浄機(樹脂処理がされてないものに限る)で洗う、貴金属部分が汚れてきた→金属クリーナー出動と、宝石をきれいに保つ方法を知っています。ですから、業界人がつけているものは基本手入れが行き届いていて、きれいですね。

ですが、一般のお客様の場合だと、そこまできちんと手入れしている方は少ない。
また、宝石が汚い=細かいところまで気を使えない人、という風に見えますので、お高いだけで、全然価値のないジュエリーをすすめられてしまうことがあります。

あとは「ペンライトを真上から当てる人」=素人さんなので、うまいこと丸め込まれて騙されると^^;「お客様よくご存じですね~」なんて言われて悦に入ってると、とんでもないことになるよw←業界人は横から当てます。どうしてかって?インクルやクラックを見るのに真上から光当てたら、反射して見えにくいからだ(笑)

というわけで、ダイヤは割と手入れが簡単ですから、ついでに書いておきます。

汚れてきたなーと思ったら、中性洗剤をつけた歯ブラシで、よく洗ってください。表側だけでなく、裏側(光をとる穴があいてますので、そこに合わせて軽くこする)も。で、枠も汚れてたら、金属クリーナーを布につけて、軽くこすってから流します。小傷なら、これだけでも落ちますね。

で、洗ったらタオルなどでよく水気をとり、半日ほど風通しの良い所で乾かしましょう。

まあ、ダイヤも金属クリーナーで洗っても問題ないんだけどね^^;

というわけで、お手入れしにくいクラスタ+αのお話でした。金属元素を含むヤツ(水晶・アゲートなどSiO₂系と、ダイヤ系以外の色がついてる宝石)にはしないでね^^

一番楽なパワーストーンの浄化法
浄化のしくみ
パワーストーンの処理や注意点

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら

タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら

twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事