Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 魔術とビジネスと

魔女の祝祭8つと過ごし方。私の場合

はい、魔女や魔術やる人なら、絶対避けて通れないどころか、最初に師匠に叩き込まれる「魔女の祝祭」。これは、自然への感謝を伝える技術なのですが、季節を感じながら暮らす、スピリチュアルらしい方法でもありますので、ルナサイクルと同じく意識したいもの。私は魔女の祝祭+72節季を利用してますが、今回はその簡易版で。。。
祝祭名(日付) 趣旨 留意点
ソーウィン (10/31) 魔女の新年。 先祖供養と一年の方針決定 先祖がやってくるとされる、魔女のお盆。 お菓子で先祖をもてなそう(笑)
ユール (12/22) 太陽が復活する冬至。 生命の復活を祝う 日本でも行われる冬至。とくに、緑や植物の再生を願う祈りを行う。
イモルグ (2/3) 新しい始まり。 1年の収穫を仕込む 羊の出産ラッシュの頃。新しい始まりなので、今年の計画を明らかに。
オスタラ (3/20) 春分。 春の到来を祝う 春の始まり。 太陽に感謝する。
ベルテイン (4/30) 恋の季節。 恋人や創造の術が効きやすい 羊の繁殖期始まり。恋愛の悩みには恋の魔術を。 日本では種まきの季節なので、創造に関する祈りもOK
リーザ (6/21) 夏至。 太陽の恵みに感謝 とくに言うことなし。 晴れてれば、夏至の美しい1日を堪能しよう。一年で最も緑が綺麗な時期。
ルーナサー (7/31) 第一収穫祭。 一年の恵みに感謝 日本だとお盆前。そろそろ、オスタラ・ベルテイン辺りに仕込んだものが成果を出し始める。
メイボン (9/20) 第二収穫祭。 先祖とかかわり、自分の内部とつながる術を行う 春に仕込んだものが出そろうので、それに対する感謝を。そして、1年の終わりにふさわしく、先祖に自分のこれからを問うのもOK.
こんな感じかな? 一般的な魔女の祝祭とは若干ずれてますが、私はここに人日(1/1)、旧正月(2月)、上巳(3/3)、端午(5/5)、七夕(7/7)、重陽(9/9)も入れてますので、これを組み合わせることで、若干解釈を変えてます。いや、毎回お茶入れて先祖や神様呼びだして、お供えしたり占ったりするのって、結構面倒なんだよ(笑)ベルテインは過ごし方書きましたが。。。まあ、そんなに気にしてもなくて、意外とルーナサーなんかは「あっ、忘れてた!!」なーんて年もありますけどね(笑) こうした自然への感謝をやっていると、季節の変化に敏感になっていきます。 そして、自然に逆らわない術のサイクルや、過ごし方ができてきて、それが意外と心地よく暮らせたりすると(笑) スピリチュアルって観念・思念の世界だけだと思われがちですが、その土台になっているのは体。その体が過ごす世界に感謝し、大切にしましょう、というわけですね。他者や世界に配慮してこその、スピリチュアルですよ^^ 無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら 女性のための無料タロット講座はこちら→講座紹介はこちらより タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^ 管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事