Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 超現実的な開運法

もし、神様が人間だったら…その参拝大丈夫?

最近オリジナルの神社参拝方法を、ネットで上げている方をたまに見かけます。「二礼二拍手一拝は人間が作ったルールだから、別に必要ない」「般若心経をあげるのがいい」「龍神祝詞がいい」「手水舎で手を洗う必要はない」などなど…その他いろいろなオリジナル参拝。そういう参拝について、「これって正しいんですか?」と聞かれる事があります。 うん、ちょっと待て。 人間に置きかえてみようか。 「あいさつは世間が勝手に作ったルールだから、別に必要ない」「英語で会話をするといい印象になる」「いや、中国語でしょ」「人の家に上がるけど別に手を洗う必要ない」こんな感じに翻訳できますが、いかがでしょうか? 確かに、神様は人間とは違う存在ですが、何でも都合よくお願いを聞いてくれる存在でもなければ、失礼をし続けても許してくれるほど甘くもありません。バチだって普通に当たります。先ほどのオリジナル参拝を見ていると、なんだか神様への敬意が足りない気がします。「都合よくお願いを叶えてくれる便利な何か」とか「人より幸せになりたいからオリジナルルール作っちゃえ」とか、そんな嫌なものを感じてしまう… 神様も、参拝ルールも人間が作ったものかもしれないが、「神様は敬うもの」となってるはず。 ですから、正しい参拝ルールを知りたかったら、神社から出ている情報を参考にすればいいし、「お賽銭を投げない」「100円であれもこれもお願いしない」「日ごろの感謝を伝える」といった人間関係でアタリマエの事を守れば、まず失礼にはなりません。あとは、女性限定ですが「生理中は参拝ダメ」「女人禁制の場所に入らない」を守りましょう。「お願いごとをしたら住所と名前を言う」という人がいましたが、それはOK。人に対してもどこの誰か、ちゃんと名乗りますもんね。(中国人は神様に参拝するとき、必ず最後に名前と住所を伝えるそうです) そして祝詞は神主さんが唱えてるから、一般人は唱えなくてもいいのです。むしろ元気で過ごせている感謝を伝える事の方が大切ですね。ということは、家の近くのよく手入れされた神社に行けばよく、有名な神社を制覇するのはちょっと違うことがわかります。まあ、初対面であれこれ色んな人に必死でお願いするのって変ですよね。子宝とか結婚とかを願う場合はやってしまいがちですが…たまになら許されるけどあまりひどいと「いい加減にしやぁ」って話になります。 二礼二拍手一拝は明治時代くらいにできたそうですが、これでバチ当たった人、まず見たことありません。しかも100年以上続いてます。ただし伊勢神宮と熊野大社は四拍手なので、説明書きをきちんと読みましょう。 スピリチュアルって見えないから、情報の真偽を確かめにくいもの。 でも常識的に判断すれば、大きく間違うことはありません。人は本当はスピリチュアル的な情報を受け取っていて、判断できているのです。ただ、潜在意識でそれをやってるから分からないだけ。 どうしても分からない時は伝統芸能や、神事を参考にするとよいでしょう。 昔から行われていることには意味がありますから。 無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^ 管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事