Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 魔術とビジネスと

やり過ぎ注意!惑星マジック

ここ数日、投稿が止まっておりましたが、理由があります。

①職場見学に行っていた=色々な病院を見学して、どんな職場で働きたいか、イメージを作っておりました。あ、ゴネてましたが、医者目指す方向で行きたいと思います。(今から学校を説得するのが大変だ。。。)

②惑星マジックやっていた=「ソロモンの大きな鍵」に出てくる、惑星の力を利用した魔術ですね。過去にも記事書いてますが、4種類やったら目まい&手の震えが。。。←やりすぎだw

さて、この惑星マジックで作った護符がこちら。

月1の護符ですね。本来は銀色で書くべきなのですが、グレーを銀に見立てて作成。それでも効果出たからいいか(笑)

惑星マジックとは、太陽、水星、金星、月、火星、木星、土星の7つの惑星(じゃない奴もあるけど、天動説の時代は惑星だと信じられてた)に1~5ないし6まで割り当てられた特定のシンボルを紙に書き、護符として作動させる魔術です。力を与えるエンチャント系の魔術ですね。ソロモン系だけあって、効果はそこそこ高いのですが、ヘブライ語の素養が必要になるのと、時間と色の指定が面倒なのが玉にキズですね。。。というのも、プラネタリーアワーといいますが、各惑星の時間というのが曜日ごとに日の出から1時間ずつ割り当てられてて、その時間内に作成&護符として作動させないとアカン、という制限があります。だから、術やる時間が午前1時スタートなんて事もある訳です。

また、太陽=黄色、水星=オレンジ、金星=緑、月=銀、火星=赤、木星=青、土星=黒で護符を作成という決まりがあるのですが、色が気に入らないからと言って、金星護符を赤にできないのはちょっとなぁ。。。←色彩にこだわりがある人間がやる魔術ではない(笑)まあ、各惑星の色は基本そのままだけど、金星や水星を解釈するなら、補色で考えるとわかりやすいかな?

要するに面倒な魔術なわけですね(笑)

さて、なんでこんな大変な魔術をやっていたかというと、ある目的がありまして。

はい、自分の才能を開花させるべく、潜在意識を叩き起こしていたと

(月1護符の効果。月の門を開き、才能を開花)

で、叩き起こしたら、「これこれの惑星護符を3種類作って使用しなさい」と指令が下りまして。

で、2時間ぶっ続けの術式をやる羽目にあい、反動が今の体調不良と。

まあ、おかげで素晴らしい護符ができましたが。皆様は真似しないでくださいね。ソロモン系は「大きな鍵」の惑星護符と、「小さき鍵」の悪魔召喚が有名ですが、どちらもある程度修行を積んだ人間でないと、効果がうまく出ません。とくに惑星護符で恋愛系の術やると、作動に時間がかかる上、イメージングしにくいので消耗して終わり、になりやすいです。悪魔召喚やると、その悪魔に体乗っ取られてえらい目に遭うしな~(死亡例多数)。あとは、どちらも円の中に護符を描くシールスタイルだから(画像は違いますが)、コンパスでちまちま作業するのがめんどい(笑)

興味ある方はネットで山ほど紹介してますので、やってみてもいいでしょうが、何があっても自己責任ですよ~^^

というわけで、初心者はルーン紙に書く位にしときましょうね(笑)

twitterにて毎日のタロットリーディングやってます。

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

コピペ副業やってます。興味のある方はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP