Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. ルーンの使い方

ルーンキャスティングやったらすべて裏が出た!?解釈のしかた

はい、大変珍しいことなのですが、キャスティングは投げて占う以上、すべてのルーンが裏向きに出る事があります。

こんな感じですね。

気持ちいいくらい裏向いてますが、これは「その道は絶対ダメ」と解釈しております。まあ、ソーン(トゲ)だのハガル(アクシデント)だのイス(忍耐)だのニイド(欠乏)だのが1つだけ出た場合も決していい結果じゃないのですが、まったく何も出ない、というのは「答えたくない」という意味ですね。だから、答えられないくらい悪い結果なのです。(1つだけルーンが出たパターンはこちら)

まあ、分類する手間がかからないので個人的には楽でいいのですが(笑)

とはいえ、相談者さまを鑑定していてこの結果が出たら、可及的すみやかに相手を止めにかかりましょう。そのくらいまずい結果です。←過去に2例ほど出た事がありますが、1例は結果を無視して進んだ相談者さまが、事故で撤退する結果となりました。

では、対処法はどうしたらいいのか。

「絶対ダメ」ということは、何かしら原因があるはずですので、まずはその原因を探し出しましょう。キャスティングでやってもいいですし、人に聞いてもいいでしょう←個人的には人に聞く方を推奨しますが。

そして、その原因をつぶしてからもう一回同じ内容で占うと。

とはいえ、「絶対ダメ」ですから、撤退することは推奨しますがね^^;

アングロサクソンルーンについて

ルーンキャスティングとは

ルーンキャスティングの性能

キャスティングの判定法

キャスティングの珍しい結果パート1

ルーンをお守りとして使う方法

バインドルーン=複合ルーン

ルーンマジック。市販品簡単バージョン

ココナラでルーンのすべてが習えるマニュアル販売しております。こちら

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら

タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら

twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事