毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. スピリチュアルの基礎知識

チャネリング、どうしてますか?

お客様からご質問がありましたチャネリングについて。
結構できると「スピ系~」って感じが出るとは思いますが、一歩間違うと魔物からのメッセージをいただいてしまう、怖い技術ではあります。これは安全にできるか?どうしたら出来る?などの疑問に答えて行きたいと思います。

チャネリングって何?

簡単に言うと「天使・神様・死者など高次存在やこの世のものでない色々とコンタクトを取り、メッセージを降ろせること」ですね。
スピ系だと天使、守護霊さんが人気で、日本の神様からのメッセージを降ろす方もいます。お客様から求められることもありますよ。まあ、守護霊さんって基本先祖だし、ばーちゃんの言葉聞いてもどうせ説教やろ、と思ってしまうのですが^^;
なぜか聞きたいらしい(笑)

イタコやユタと呼ばれる人々も、これで生計立ててるようですね。

死者の言葉は、昔から需要があり、一種のグリーフケア(喪失の悲しみや痛みをケアすること)になっています。生前色々できなくて後悔した人が、死者から恨まれてないことを知って安堵する、みたいな感じかな?

変わったところでは、恨みを持っている死者を呼びだして、何を求めているかを聞き、障りを鎮めるなんてこともします。供養しろと言われ、私設の祠やお寺作りました~的なヤツです。
私は問答無用で消し飛ばす派なので、そんな手間のかかる事はしませんが(笑)

ともあれ、この世のものでない色々を呼びだしますので、当然魔物に襲われる危険もあります。

トランス状態になったり、精神的に無防備な状態になったりしますので、近くに魔物がいると取り憑かれたり、攻撃されたりしやすくなります。ですから、昔の神降ろしさんには、審神者(さにわ)と呼ばれる、本当に降りてきているのが神様かどうかを確かめる人が付くのが常でした。
神降ろしさん=女性、審神者=女性の旦那さんが定番ですね。

で、審神者が色々と質問して、本当に神様が降りてきてるかを確かめると。で、魔物だったらボッコボコに(笑)

ですが、今時のチャネリングでは、審神者がつかないのが怖いですね。まあ、記憶なくなるレベルのトランス状態にならない術も多いし、術者がしっかり意識持ってれば、魔物なら倒せるだろうし。そもそも、メッセージ聞くだけなら体に高次存在降りてこないから、憑依も心配いらないかな?

高次存在が降りてきてる時の感覚はこちら

私のやり方

私の場合は、なぜかこたつでまったりしてる時(アイス食べてるとなおさら)に降ってきます。季節は冬が多いですね。あとは、梅雨入り前の6月上旬くらい。神社で無理めなミッション振られることもありますが、これも降ってきてるにカウントしてます。

天命・使命が降ってくる事故についてはこちら

神社やお寺では、ご神体や本尊様と相対してる時、会話してますね。これがチャネリングに入るとしたら、そもそも普通すぎて話にならん(笑)だいたいは世間話で、本尊様から注意をもらったり、今悩んでることに対するアドバイスをもらったり。あとは、こちらから連絡事項など。
あ、連絡事項とは、別の神様から「○○行け」ミッションが飛んだ時、目的地で「来ましたよ~」なんて伝えることです。

あとは、定例連絡(笑)
基本無事です、頑張ってます的なヤツです。

私にとって神社や寺はセーブポイントみたいなものですが、まあ近所の家に遊びに行って、家主と世間話してるようなものだとお考えください。

家だと神社のお守りを通してその場所に飛び(頭の中でイメージング)、神様と直接お話する事もあります。霊能者はだいたい、自分の場所があるのですが、それを閉じ込めたもの(スピリットボトル)を持っていて、意識をその場所に飛ばすことで、場所のエネルギーをもらったりしております。
毎朝浜松(中田島)に行ってるわけですね(笑)

そして、この色々な場所に飛ぶのを応用し、霊感鑑定でお客様の場所まで飛んで行って除霊もすると。

チャネリングをするために必要な事

まあ、これ書くと真似する人が出て危険なんですが。。。頼むから真似するなよ←じゃあ書くな(笑)

チャネリングは自分が居て、向こうからメッセージをもらう、相手の所に飛んで行ってつながる、の2種類があります。ですから、そのためにはイメージングがとても大事な訳ですね。

スピリットボトルが大事なのも、アンカリングといいますが、その場所を鮮明にイメージするために必要なのです。最初は想像でしかありませんが、それがだんだんリアルになっていき、最終的には気象条件なども想定できるようになって、リアルタイムでその場所に飛べるようになっていきます。

イメージングを磨くと、時間と空間を飛び越えられると。

ですから、チャネリングやりたいなら、まずはお気に入りの神社やお寺(ちゃんと管理者が居る場所にしてくださいね)のお守りをもらってきて、お守りを見ながら、その場所を鮮明に(木一本までリアルに)思い出せる訓練が必要です。
そして、それができるようになってくると、色々な絵が浮かぶようになってきます。その神社やお寺で歩いている所、特定の人に会うなど。起きてるけど夢を見てる感覚に近いですね。
そうなったら、そのイメージを終わりまで見て下さい。

これが、飛んでいくほうのチャネリングになっていきます。

そのうち、時間すっ飛ばして行きたい時間に飛べるようになります(笑)

来てもらう方のチャネリングは、近所の手入れが良く行きとどいたお寺・神社に毎週通い、ご神体に一生懸命話しかける訓練をします。慣れてくると、返事がもらえるようになります。それができたら、家でお守りに話しかけても正しいメッセージをもらえるでしょう。

その頃には、神様以外だったら感覚で分かるようになっていきますので、変な存在だったら火あぶりにしてしまうと(笑)ですから、来てもらうチャネリングなら、最初はライターやろうそくを準備してやってくださいね。

これだけやっても、事故る時には事故ります。

霊感開発は危険だと散々書いておりますが、本当に危険ですから、興味を持ってもやらないように。また、チャネリングを教えてくれる人に習う時は、対面で、できてるかを見てくれる人に習うこと。ココナラなんかで習うのは一番危険ですね。ご注意あれ。

霊感開発はダメ
思念伝達ダメ・ゼッタイ

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら

タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら

twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事