Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. タロットの使い方

小アルカナは絵札?数札?どっちがいいか検証してみた

皆様は小アルカナは絵札、数札どちらがお好きでしょうか? 私は断然数札派なのですが、今日は小アルカナが絵か数かによって、どれだけ印象が変わるかを検証したいと思います。リーディングに反映される大切な情報ですので、見逃されませんように。 はい、それではまずライダー版難カード「ソード2」「ソード3」ですね。とくに「ソード3」については読みにくいという意見を耳にします。まあ、この絵見る限り、どちらも危険や痛々しさなどを感じ取ることができそうです。ですから、「ソード2」=迫りくる危険、「ソード3」=悲しみ、ハートブレイクなんて読むことができそうです。 では、こちらはどうでしょうか?数札の代表格、マルセイユ版です。左が「ソード2」右が「ソード3」となっておりますが、先ほどの危険や悲しみといった印象は受けにくいはずです。むしろ、絵の配置から「ソード2」=循環=昔からの試練と取れたり、剣から植物が生えているので「ソード3」=ワンランク上に上がるなんてリーディングもできそうです。ライダー版に比べ、解釈の自由度が上がります。 はい。さらに静かな印象の小アルカナです。え、絵がうるさいって?色彩がうるさくないのがいいでしょ(笑)こちらも左が「ソード2」右が「ソード3」です。マルセイユ版よりさらに単純な絵ですね。ですから、「ソード2」=試練が動き出す、「ソード3」=最初の壁なんて、数の意味×試練、思考の意味でリーディングできてしまいます。思考だったらもっと分かりやすいですね。また、2を突き破って3が登場する、というような解釈でリーディングが進められます。自由度はさらに上がりますね。ライダー版の「危険」「悲しみ」といった意味よりも、思考の側面が強くなってきます。 このように、絵札か数札かで、かなり解釈が変わってきます。 同じ「ソード10」ですが、印象も結構違いますね。 ご自分のお好きな方をお使いください。 私は絵に引きずられて解釈が限定されるので、数札を使ってます。妄想族が妄想するには絵が邪魔なのだよ(笑) どちらが正しいというわけではないのですが、どうしても絵札は絵以外の解釈が難しいです。ライダー版の「ソード」のように、悲しみやネガティブ感を強調していると、その解釈でカードが出てればいいけど、「思考」の意味で出てきたときに解釈がつけにくいということですね。また試練=ポジティブだと考えてる人にとって、ライダー版のような絵はとまどいが発生します。ですから、実は小アルカナのオール絵札って難しいのです。まあ初心者がある程度の解釈をつくるにはイメージづくりで向いてるけど、それ以上のレベルになると、絵が邪魔になってきますと。しかし、またレベルが上がると再び絵札が使いやすくなってくるのです。不思議ですね(笑) これに対し数札は、初心者が使うにはとっつきにくいし数×スートなので両方の意味を抑える必要がありますが、単純な絵の分解釈の幅が広がります。ただし、そのかわり解釈を何通りも考えられる人に向くわけですね。 それぞれの特徴を押さえて、リーディングしてみてくださいね^^ え、解釈が違ったらリーディングおかしくなるって? 大丈夫です。 最終的にみんな同じ解答に行きつきますから。占いの不思議なところなんですが、どれだけ変わった方法だろうが、カードが違っていようが、みんな占う内容に対して同じ答えになるように解釈してしまうんですよ。おそらく、人間の身体感覚が微細な空気感や無意識の情報を読みとっていて、カードがそれを見える化しているのだと考えています。ですから、安心してリーディングしていいんですよ(笑) プロが勧めるスプレッド3選 ナインスプレッドのやり方 タロット占いの「直感」の正体 無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら 女性のための無料タロット講座はこちら→講座紹介はこちらより タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^ 管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事