Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 管理人ふみと霊関係

念でうつ病治療をしてくれた名医

久々の不思議現象です(笑)

かつて、私はうつ病になりかけたことがあります。仕事が忙しい時に家族や、自分のトラウマをえぐられる事態を引き起こしてしまってダウン。。。やばいな、と感じたので、早退してお風呂に入り、肉をしっかり食べて休んだのです。そして知人に「うつ病になりそうだ。。。」とメッセージしてから寝ました。

翌日。

「あれ、治ってる?」

初期のうつ病には休養や栄養がいいことは知られているのですが、それにしては回復量がおかしい。

普通はごく初期でも1週間近く療養が必要なのに、1晩で治りました。それも、うつ病傾向の人間には絶対ない「さわやかな朝」を迎えられ、判断もしっかりしています(うつ病は「快感情がなくなる」「日常の判断にものすごく時間がかかる」という特徴があります)。

いやいやいや、何で?

答えはメッセージにありました。

知人から「大丈夫?ゆっくり休んでね」と入っていたのですが、この知人、医者でした。それも、精神科にかなりこだわる人で。つまり、この人が遠隔で念を送って治してくれたのです(実はメッセージが来て読む夢を見ました)。ほとんどの場合ヒーリングはできないと書きましたが、念よこしレベルで念が送れる場合に限り、ヒーリングが成立する好例ですね。当然ですが、スピリチュアルとは全く無関係の方ですよ。

なお、もらった念からは医療に対する熱意や、専門分野への知識など、さまざまなことが読みとれました。念よこしだから、本人の考えていることも一緒にもらってしまったわけです。この方、医療に関してすごくしっかりした意見を持っている方で、専門分野の技術は、おそらく競争率の高い愛知県でもトップクラスになっていくでしょう。その人がどうやって患者さんや、他の医療スタッフと接しているかが見えてしまいました。すごかった。「お前いい加減にしやあ」と思うことも多々あったのですが、見直しましたw

このように、念よこしレベルだとヒーリングが成立しますが、本人の生活が見えてしまう事例があるのです。まあ、「治したい」という気持ちの表れがそういったものを見せたのでしょう。

不思議な例でしたw

ちなみに、「心を癒す」ヒーラーはインチキです。カウンセリングテクニックを「心を癒す」と言ってるだけのことが多いですから、最低限、体が治せるヒーラーさんを選びましょうね。

遠隔ヒーリングは実は生霊→こちら

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら

タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら

twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事