毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. スピリチュアルの基礎知識

神社のお賽銭を多く入れると運気が変わる??

巷でよく聞くヤツですが、「神社のお賽銭をたくさん入れると良い」「1万円を入れるようにすると開運する」と言われますが、本当でしょうか?紹介します(^^)

お賽銭の考え方

そもそも、お賽銭って何でしょうか?

簡単に言えば「寄進」です。寄進とは、有力な貴族やお寺などに私財を差し出すことを言いました。寺社に寄進する場合は、寺社の維持費と考えていただければ結構です。つまり、お賽銭=寺社の維持費と考えていただければ結構です(^^)

そして、寺社の維持費を払う=その寺社への信仰の証とお考え下さい。

ですから、願懸けをして叶ったらお酒やお礼を持っていくのは、神様へのお礼であり、寺社を維持してもらうための費用をお支払いしているのです。(余談ですが、お賽銭の5円や10円は、大正時代の相場だそうです。大正2年の1円が1,080円と考えると、だいたい5,000円~1万円が現代のお賽銭相場になります)

もちろん、信仰ですからお賽銭はなくても良い。

近所の寺社などに、通るたびにお参りして手を合わせるのも、立派な信仰です。ですが、その場所を維持するのにはお金がかかります。ですから、たとえば年に1回の大祭などには、1万円包む必要はあるとお考え下さい。そして通常、1万円は大金です(^^;)普通そんなにたくさんの寺社に寄進できませんし、遠方だと、そもそも頻繁にお参りするのも難しい。

つまり、近所の大きな寺社に年間1万円程度の寄進をしながら、手を合わせて拝むスタイルが昔ながらの信仰とお考え下さい。そして、通るたびにお参りして拝む際、5円や10円(できれば100円くらい??)をお賽銭として入れるのは、もちろんOKです(^^)

お賽銭がない場合は、奉仕活動でお支払いしても大丈夫ですよ(^^)

(近所のゴミ拾いとか、ボランティアとか、親族や友人じゃない赤の他人のために活動するとか)

なお、我が家が信仰している豊川稲荷さんですが、毎月1,000円程度のお酒を持って行っています(^^)本殿、愛染明王様、宇賀神様にはパック酒をお供えしてますので、年間で2万円くらいの寄進とお考え下さい。

毎月1万円を供える??

何年か前から、「神社に毎月1万円を供えると開運する」なる変な開運法が流行っておりますが。。。これ、一般庶民じゃなくてお金持ちのお供えですな(^^;)たしかに、お参りするたびに1,000円とか1万円とか突っ込めば、神様が信仰心を認めて叶えてくれるって現象、あるんですよ(^^;)

でも、これは貧乏人がやってはダメ(^^;)

無理して寄進すると、神様に失礼だからです。

というのも、寄進は収穫の一部(現代で言えば稼ぎの一部)を、神様に供えて感謝の意を示したり、信仰を示したりするものです。無理に多額の寄進をすると、「これだけ払ったんだから絶対に叶えてね」という気持ちが生まれてきて、感謝ではなく取引になってしまいます。人間でも、無理してやたらプレゼントくれるけど、下心がありそうな人は警戒しますよね(^^;)

前に、神様が人間だったら失礼ではないか?という記事を書いてますが、神様は便利な道具ではありません。隣人のつもりのお付き合いと考えれば、年に1回、1万円くらいの贈り物をして、日々は挨拶とちょっとしたプレゼントくらいの方が、自然です(^^)

(遠方の場合、地元や旅先で訪れた寺社に寄進するのは分かるけど、あんまり縁もゆかりもない場所に多額の寄進してたら、それはそれで変だと思いませんか?)

ですから、無理のない範囲で、神様に感謝を示すので大丈夫。1万円が出せないなら、1,000円でも5,000円でも良い。なんなら毎月お参りして、1,000円ずつ供えても良い。

ただし、寄進は寺社の維持費でしたね。
つまり相場よりもあまりに安いと、神様から無視されます(笑)だからケチって年間100円程度しか入れず、奉仕活動もしないような、横着なことしてると神仏から総スカン喰らいますよ(^^;)

まあ、霊能者なら寄進代わりにあっちこっち走り回る奉仕もアリ(^^)→走り回った記録(笑)

賽銭を突っ込むならそのお金を貯めよう

絶対に、絶対にこの文言はどこかで書いてるはずですが、、、(笑)

お賽銭を月に1万円も突っ込んでる余裕があるんなら、そのお金を貯金してください(^^;)というか、なんでスピに多額のお金払えるのに、そのお金貯金しないの??←霊能者でやたら遠方の寺社に呼ばれるとか、パワーストーンや護符が我が家に納まりたがるとか、そういう現象でお金がないなら別です(笑)某ふみ先生のお宅ですなwww

たしかに、お金を増やすのって嘘の情報も多いですし、勉強もしなくてはいけない。頭も使います。ただの貯金や投資だけでも頭を使うのに、さらにお金の入り口(事業など)を増やそうと思ったら、さらに勉強しないといけません。

そういう努力を怠って、無理して大金を寄進してもダメです(^^)

豊かさとか、お金持ちのイメージが具体的に作れなかったら、どんなに金運術やったって空回りです。ゴールがイメージできないのですから(^^)だから、まずは100万円の貯金が常にある状態を作る→2~300万円の貯金がある状態に持っていく→家計が黒字になるイメージが具体的に持てるようになったら、お金を増やしながら寄進をスタート。この頃には、月に1,000円、2,000円の寄進なんて痛くもかゆくもないでしょうから、無理なく神仏に寄進して、感謝をささげるようにします。

つまり、お金なくてヒーヒー言ってる時は、神仏に寄進してる場合ではない(笑)そういう時は月100円とかでも問題ありません(笑)

え?給料だけじゃ出来ない??

勉強してください(^^;)

私は文無しの状態から、行政の起業支援を使ったり、投資に詳しい人に話を聞いたり、情報を集めたりして、寝る間もないくらい勉強しましたとも。。。(遠い目)不景気でも、知識がなくても、根性と時間かけるので何とかできる方法は、意外とあります(笑)←今も1,000円のワンピが浪費だけどw

プログラミング勉強して、副業やるのだってOKですしね(^^)

ではなく。

変な事やってる暇があるんなら、その時間とお金で地道に豊かさを築いて、それから神様に感謝をします。その間は、神様に願掛けするんなら「自分を頑張らせてください」でしょう(^^)また、100円のお賽銭だと気になる方は、100円のお酒(チューハイでもパック酒でもOK)を供えればいいんです(笑)←お寺もお酒でOK。戒律?知らんがなw

まとめますと、お賽銭は神仏への寄進で、維持費のお支払いです(^^)

ですから、年間5,000円~1万円程度包めばよく、日々お参りする時には少額でもOKです。ただし、日々のお参りは挨拶ですので、地元の寺社などにちょくちょく顔を出してください。また、多額のお金を包む暇があるんなら、そのお金を貯金し、余裕ができてから寄進をします。まあ、個人資産が8ケタ超えてきたら、月1万円だろうが、10万円だろうが、包んでも問題ないでしょう(笑)ただし、そうでない方は、まず100万円貯金を作ることが必要です。

こんなところでしょうか。

変な情報に流されないよう、ご注意ください(^^)

神様が人間だったらどう思われるか
伊勢神宮に呼ばれた話
貧乏神がいた話
神社の専門家に注意
満月のお財布フリフリダメ、ゼッタイ

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事