Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 過去世体験

過去世ゆかりの物とめぐり会う

昔、モンゴル展に行った時のお話。

中国がまだ春秋戦国時代だった頃、東胡族と呼ばれる民族がモンゴルにいたそうです。モンゴルというと漢の時代の匈奴とか、モンゴル帝国=元が有名ですが、そういった時代のずっと前ですね。3000年~2300年前くらい。その東胡族ゆかりの展示品が並んでいたのですが、ある展示品を見た瞬間「あっ、これ私のだ」と分かってしまったことがありました。そして30分ほど、そこから離れることができなかったのですが、その時はまだ、どうしてかは分かりませんでした。

また別の時には、ある仏像から離れられず。

何と言うか、目が釘付けになってしまって離れられないのです。

なつかしいな。

どうしてこんなところにあるの、私のなのに?

そんな思いに駆られて胸が熱くなります。

何と言うか言葉で表せない感動があって、どうしてだか分かるのです。まったくもって科学的ではないのですが、目の前に現物を持ってこられたらもう何も言えません。

その後、霊感が出てきて過去世体験(ヒプノセラピーを自分に施術してるやつですね)を重ねるうち、それらが過去世で自分が使っていたものであったり、作った物だったりすることが分かりました。人は滅びるけど物は滅びない。不思議なめぐり合わせです。そして、3000年以上も壊れないで残っていてくれたことは、すごく運命的だと思います。

皆さんにも、そんな経験ありませんか?

あったら、そのご縁に感謝するのもよさそうですね。

ありがたくないご縁もありますが。

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

 

 

===========

私の不都合な潜在意識。

ありがたくないご縁について。

3000年も壊れずに残ってくれた展示物たちは、それだけなら「感動」「ご縁だ」で済むのですが、そうはいかないのです。3000年以上こびりついた私の思いをまざまざと見せつけてくるし、その方向に持っていこうとします。潜在意識系や、ビジョン系のセミナーやセッションを受けると、やはり同じ結果になります。将来やりたいことを洗い出してみてもそう。いつも答えはたった1つ。しかし、それは非常に都合の悪いもの。

それでも目をそむけようとすると、窮地に追いやってくれたり、会うはずがなかった人を配置してくれたりと、あらゆる手段でやれと言うのです。

私は教師をやめたいとは思いません。

今の生活は好きです。

しかし、答えはいつも「教師をやめて、医術にかかわる」こと。

この1択しかありません。

臨床医でもいい、鍼灸医でもいい(研究医はアカンようですが…)、とにかく医術で人を助けよと。しかし私は教師をやめたくない、静かな人生を歩きたい、教育に関わりたい。それなのにどうしてでしょうか?何度問うたか分かりません。そして、医術に関わる道に進むことは、非常に大きなためらいがあります。過去世で人を殺した償いなのか、天命なのか知りませんが、私の今の人生を完全に破壊するような答えをくれる天を、恨みたくなる瞬間もあります。

本当にありがたくないですね(笑)

でも、スピリチュアルなんて綺麗ごとでは済まないのです。この世界に生まれて、他人と関わって、因果を解消しながら進むしかない。「お前がしっかりしてないのに、他人なんか鑑定できるのか」と言われたこともあるのですが、人間である以上、生活もあり、お役目とのバランスが取れない事の方が多いのです。それを悩みながら解決するのも、人生かもしれません。

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP