Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. ルーンの使い方

ルーンキャスティングの投げた形をどう判断するか。

私が一番得意な占いは、たぶんルーンだと思うのですが(の割には記事少ないなw)、キャスティングでどうやって判断してるかをちょっとだけ公開します。

こぢんまり固まってるパターン。「一歩が踏み出せない」「どうしていいか分からなくて立ち往生」なんて解釈。

伸びてるパターン1。「方向性は出ている」と判断します。ルーンによって、その方向性が何なのかと、その他の問題を解釈。

伸びてるパターン2。1よりも細長く伸びてますね。「勢いがある」と読みます。

離れ小島。奥に塊ができてますが、「気持がついてかない」「理想に手が届かない」なんて解釈。

バラバラ。あんまり出ませんが、「散らかってて方向性が見いだせない」なんて読みます。

多いのは伸びてるパターンと離れ小島ですね。伸びてるパターンも2は珍しい。

それにしても思うのが、こういう偶然性を使った占いなのに、なぜかご本人の状況とぴったり合う所がすごく不思議。方向性はあるけど理想と現実で悩んだり、これでいいのか振り返ったりする人が多いんだな、きっと(笑)あとは、珍しいらしくて写真撮ってく人が多いのも特徴なのかな?あんまりいないらしいですが。。。

私も昔は普通に並べるだけだったんですが、あまりにもよく当たるので、普通のやめちゃった(笑)

何となく読みがもっさいんですよね、普通のスプレッド(笑)

ルーンカードとか綺麗なの多いから、使いたいんだけど、投げたら悲惨なことになりそうだしな~(そもそも投げるなw)。あ、私がルーンストーン使わないのは、こういう占い方やってるからです。石なんかすぐ割れたり欠けたりで、長持ちしないのは目に見えてる(笑)まあ、銀のルーンチップ作ってもいいんだけど、今度音が問題になるなw←賃貸住まい

というわけで参考になれば。

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP