Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 注意喚起

健康被害を防ぐ科学的知識

先日市役所への届出書類を検索してたら、お知らせで「【注意喚起】母乳販売にご注意ください」とありまして。
まっさかぁ~、そんなもん販売する人おらんやろwとか思ってたら。

いました(^^;)

食品衛生法上アウトなのですが、冷凍パックで送ってくれるらしいです。
赤ちゃんにはちみつ与えたらアカンって検診とかで習うやろ。それ理由分かっとるか?赤ちゃんは免疫が不十分やで、大人が食べても問題ない物が危険なんやて^^;
と、ツッコミ入れましたが(笑)

ついでに、粉ミルクも母乳も栄養的には変わらないし、むしろ有害物質が厳しく制限される粉ミルクのが安全じゃないかと思うくらいなのですが。。。
(栄養的にも、情緒形成的にも母乳だからアドバンテージがあるわけではない)

母乳出なくて悩んでる人に、役場の情報つなげた方がいいのかしら?

科学的知識がないと危険

スピリチュアルや健康にかかわるセラピーやりたい人は、絶対に医療と科学と心理学を学ぶべきです。ついでに法律もね。というのも、人間の心と体がつながっていることは科学的に証明されており、ケアの方法なども医学的に確立されています。
それでも科学で説明できない分野もありますが、科学的知識があれば、まずおかしな情報に引っかかる事はありません。

たとえば、子宮系メソッド。
「子宮をあっためる」とうたう団体も多いですが、体で最も太い血管が通っている腹部=体で最も温かい場所となります。確かに、ここが冷えたら大変なのは間違いないのですが、普通は40℃くらいあります。しかも、体内のかなり奥なので恒温動物である以上、冷えることはまずない。
もしここが37℃くらいまで下がったら大変です。しかし、そんな状態になるのは低体温症の時くらいです。そうなったら命にかかわりますので、「なんとなく不調なのよね~」では済みません。
こうした事実を知っていれば、お客様に変な情報を流す危険は少なくなります。

また、巷にあふれている健康法のほとんどが、「自分には効いたから」という思い込みで、個人が科学的裏付けも医療の知見もなく、思い込みで作ってしまっているものです。

普通、治療が一般的になるまでには、実験室レベルでの検証→動物実験や、心理学的なものであれば被験者による実験→治験(希望者を集めて先行的に治療を実施。データを検証)を経て、効果がきちんと出れば、一般の治療=標準療法と認められるようになります。
その間にはおびただしい数の実験と検証を、センターで満点取れるトップクラスの頭脳が何万人単位で協力してやってるわけです。つまり現時点で最も安全で効果が実証されていると。

どちらがいいか、一目瞭然ですね^^

まあ、標準療法でうまくいかなくて、代替療法や霊能に手を出す人も多いですが。。。

個人的にはそれはお勧めできません。
科学は万能ではありませんし、治せない場合もあります。しかし、少なくとも危険ではありません。(安全性は最も厳しく検証されるため)

ということを知っているかどうかで、科学や医療を否定する健康法や団体を信じてはいけないことが分かりますね。科学は難しいけど、これだけ知ってれば、大概のエセ健康法はウソだと分かります。

霊能と心理学

霊能や魔術のほとんどは、心理学で説明できます。
一部、憑依を取り除く仕組みが科学的に実証できないなどの問題はありますが。。。狐憑きなどはヒステリーやトランス状態、不穏状態(脳の機能不全による状態)で説明できる場合も結構あり、すべてが霊能の分野ではありません。

しかし、無知な社会貢献のつもり霊能者さん(見えるだけ、霊能が1~2使えるだけの人)は何でもかんでも霊のせいにしてしまい、できもしないのに術をかけてしまって、悪化させる事も多い。

だから、心理学や医学を勉強しておかないといけないのです。霊能者側が。

そもそも霊的相談の99%が勘違いかストレスなので、そこもきちんと見分けられないとダメですしね^^

科学的知識を学ぶのに適したサイト

明治大学科学コミュニケーション研究所
「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」

http://www.sciencecomlabo.jp/

ここは大概分かりますのでお勧めします。
占いとかもありますので、科学的な立場がどんなかを理解するにはよいでしょう。(私の立場的に出すのはアレでしょうが。。。)

厚生労働省「好転反応」

https://www.mhlw.go.jp/topics/
bukyoku/iyaku/syoku-anzen/dl/
kenkou_shokuhin06.pdf

私自身が知らずにやっておりましたが、薬事法違反の好転反応について。これを見てからは気をつけております。

お気づきかもしれませんが、どちらも大学や省庁など、公的な機関の研究ですよね。つまり、公的な文章を読まない=科学的・法的知識がつかない=損をするということなのです。
難しくて長くて嫌になるかもしれませんが、最悪人が死ぬ事を考えたら読まないとダメ。本当は業者が。←お客様が自衛する事も大切ですが、そもそも100%の業者がきちんとした知識を持って誠実に商売してたら、お客様は買うだけでよくなります。暮らしの手帖でそんな記事を目にしてから、この点は強く思います。

また、人体の仕組みについては小学生向けの絵入りの本などを見るだけでも変わりますので、科学が苦手な方は子供向けの本をおすすめします。

理科離れの進む日本だからこそ、霊能やエセ健康法で被害が出ないよう、願うばかりです。

発達障害も不登校も霊障ではない

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら

タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら

twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事