毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. ルーンの使い方

初心者でも安心。お手軽ルーンマジック

はい、前回やや危険なマジックを紹介しましたので、今回は日常で簡単にできて、効果も悪くない方法を紹介します。

ルーンマジックのやり方(初心者編)

はい、紙を用意しまして。(大きさは自由。ただし、財布に入れるので名刺サイズより小さいのが理想です)

バインドルーンを描きましょう。色はその素材に合うと思った色で構いません。私は、紙だと朱墨使うことが多いです。
青でも金でも、自分が「これだ!」と信じられる色を使って下さいね。効果があると信じ込めないと、まず効きません。

なお、バインドルーンとはルーン文字を複合して、効果を強めたものです。写真は「オセル+イング」という、割と古くからあるものですね。

なお、ルーンは24文字の「ゲルマン共通ルーン」が一般的に使われていて、占いや護符に使われます。バインドルーンは護符用です。まあ、自作できるけどネガティブな意味ができないように作るの難しいから、あまり複雑なものを作るのはおすすめしません。ググれば既存のルーンはいくらでも出てきますし、ピンと来たものを選んで使うのが安全でよろしい。

こうして描いたら、あとは財布に入れるだけ。

手帳に挟むのもOK。

ルーンは文字自体に力があるので、ほったらかしでも効果が出るのです。私もイベント鑑定のとき、悪い結果が出てしまった方に、おまじないとして渡します。朱墨でサッサカ描くとパフォーマンス性もありますしね^^

え、効果が薄い?

安全性のが大切でしょ。

だって魔術って死亡例数えきれないよ。

願いがかなう前に死んじゃったら意味ないし、中途半端な術で消耗するわ願いもかなわないわって状態になることもあるし、それだったら効果より安全が大切だと思うのです。はっきり言って術やるより、実際に行動した方がはるかに成果出るしね。その応援くらいでいいんです、魔術なんて。

なお、文字に力がある梵字やルーンは、護符としては結構な威力を発揮します。まあ自分にだけですが。

(効果はあるけど、見ただけで危険な目に遭ったりはしないので安心して下さいね )

他人にまで影響をおよぼす魔術は危険だし、報いも受けますので紹介できません。

うちのキーワードは「毎日をちょうどよく幸せに」ですから。

アングロサクソンルーン
ルーンキャスティングとは
ルーンキャスティングの性能
ルーンをお守りとして使う方法
バインドルーン=複合ルーン
OODA&PDCA理論で魔術を説明
最強の開運
月を使った開運法
鬼門と裏鬼門が全滅だった場所の事件

ココナラでルーンのすべてが習えるマニュアル販売しております。こちら

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら
女性のための無料タロット講座はこちら→講座紹介はこちらより
タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら
twitter。先生としての日常やタロット紹介。豆知識など。
管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事