Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 過去世体験

過去世体験:ソウルメイトは手の中に

今回の記事は、完全なる読み物です。過去世体験としていますが私の記憶かどうか(集合無意識から拾ってきた他人の記憶の可能性もあります)、また、過去世の人物と私が同一人物か、科学的に調べる方法はまったくありません。ですから、根拠のないことですので、信じないようにご注意ください。なお、便宜上過去世の人物=私とさせていただきます。

方法:退行催眠(ヒプノセラピー)を自分に施術。ただし、今回は自分と相手の2方向より。

私は、マリーという名前でした。約500年前のスイス、鍛冶職人アンリの妻で、自分はパン焼き職人。金髪で社交的で、娘がやっぱり2人いました。

私とアンリは同い年でしたが、よく話す私に対して、アンリは寡黙でぶっきらぼう。ガタイもよかったので、近寄りがたい雰囲気がありました。しかし、鍛冶の腕は1級品でしたから、皆言わぬまでもアンリのことを好きでした。2人の娘は嫌いだったようですが。ともあれ、貧しい村暮らしでしたが、私たち家族は楽しく生活していました。

アンリは寡黙でしたが、自分の人付き合いの苦手さをよく理解していました。そして、私の笑顔が好きだったようです。私もまた、アンリのさりげない優しさが好きでした。幼馴染で、親が決めた結婚でしたが、いい縁組だったと思います。

しかし、私は35歳で生涯を終えました。

当時のヨーロッパでは40歳前に亡くなる事は珍しくありません。ペスト、戦争、不作…むしろ35歳まで、大きな災難に見舞われず、子どもを亡くすことなく生活できたのは、大きな幸せだったといえるでしょう。

死の床で、アンリは静かに泣きながら、何も言わずに私の手を握っていました。私はアンリに、「また必ず夫婦になろうね」と言って亡くなったようです。その後アンリは15年生きましたが、2人の娘からはうとまれ、1人寂しく暮らしたようでした。

この人にも因縁がありました。

さらに過去世で、やはり夫婦だったのです。

そして、私たちはまた出会いました。すぐに分かりました。顔の同じ場所にホクロがあって、出身地も、家族の住んでいた場所も同じでしたから。しかも2人とも同じ日生まれ。年齢は違いますが。そうです、ソウルメイトの特徴「顔に同じ印」「生い立ちが似ている」などをクリアした存在でした。

では、私たちは結婚するか?

そんなことはまずありません(笑)

でも、とっても仲良しです。

そんな関係もあるもの。ソウルメイトだからって結婚するわけではありません。

「運命の出会いも相手も存在する。しかし、本当はすべてが運命の出会いで相手だ」そう思います。

その他の過去世体験

無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら

タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら

twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

まったく新しい占星術!おすすめの無料星読み講座のご紹介はこちら(女性限定)

関連記事