Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. 魔術とビジネスと

OODA理論&PDCA理論で魔術の流れを説明してみた

最近よく職場で使われるPDCA理論(サイクル)。そして、PDCAに代わる理論だと注目されているOODA理論。これらは現場の生産性や成果向上に役立つとされていますが、こうしたビジネス理論を魔術に当てはめてみたいと思います。まあ錬金術があるくらいだから、お金と魔術って関係あるし。 まず、PDCA理論について。Plan(計画)、Do(行動)、Check(成果確認)、Act(改善)の4つで、主に工場などの生産現場に向いてます。また、営業や事務でも、目標を立てて行動するものなら何でも適用できる、割と便利な理論ですね。 (まあ、PlanPlanPlanPlanPlan、Do、 CheckCheckCheckCheckCheck、Actって言われるくらい、計画だおれになりやすい理論でもあります。人間って行動できない生き物だもんね) 一方のOODA理論。Obserb(監視)、Orient(方向付け)、Decide(意志決定)、Action(行動)となっております。まあ、観察した結果をもとに、どうするかを決定するということで、より意志決定に特化した理論です。第2次世界大戦の、アメリカ空軍のパイロットの行動から生まれたとされてるだけあります。PDCAよりも現場主義で行動に移るプロセスまでが早いから人気なんでしょう。(これもそろそろ古い、って情報もあります。80年前の理論だしね) さて、この2つを魔術におきかえるとどうなるか。 ①Obserb=現実の観察 ②Orient=なりたい流れを計画 ③Decide=使う術を決定し、決意を固める ④Action=実行 魔術の実行まではOODA理論なのですが、実は①~③までが、PDCAのPlan、④がDoとなります。 そして ⑤Check=魔術成果を証拠を見ることで検証 ⑥Act=流れや術の改善、方法の絞り込みなど となり、また①に戻ります。 証拠とは、本人にしか分からないサインを見ることで魔術の出来を調べることです。ありふれてないものが見られたら成功、そうでなければ失敗。似てるけど違ったらずれてる。このように判定します。私は「青いベンツ」を証拠に使うことが多いですね。名古屋市内では無彩色以外のベンツってあまり見かけませんので(笑)で、「青いベンツ」が通ったら成功、時間内に「青い車」を見なかったら失敗。「青い車」は見たけど「ベンツ」でなかったら何かがずれてる。そして、成功するまでの時間はどのくらいの時間で「青いベンツ」を見たかで測ります。 なお、自己啓発も同じ順序で出来ます。①~③が一緒、④はアフォメーションやその他自己啓発ツール、⑤は日常生活で成果が出ているかをふり返り、⑥は一緒ですね。まあ、魔術と自己啓発って同じように脳を変容するものだから、方法が似てるのはアタリマエですが。 無料おすすめタロット診断!ココナラユーザー様と共同開発しました→こちら 女性のための無料タロット講座はこちら→講座紹介はこちらより タロットみたいな占星術!無料星読み講座(女性限定)→講座紹介はこちら twitterにて、他のどこにもないタロットリーディング公開しております^^ 管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

関連記事