Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日を「ちょうどよく」幸せに。

  1. スピを仕事にするなら

真言や祝詞の唱え方

はい、今日もご質問より。

私の霊感鑑定などで、よく「神様や仏様をお祀りしてね」と言いますので、「真言は唱えるべきですか?」との質問が。答えはイエス。仏様を祀るなら真言は唱えたほうがいいし、神様を祀るのにも祝詞を唱えることはおすすめします。とはいえ、唱え方を間違うとアカンので、どうやるかを。

まず、普段なら毎朝お茶と水をお供えして、声に出して真言を7回唱えるだけでも十分効果があります。祝詞の場合は、3回唱えて下さい。印を結ぶ必要はなく、合掌して唱えれば十分ですよ。合掌は最強の印で、かつ害もありませんから。神様なら二礼二拍手一拝してから祝詞を唱えればOK。ただし、「神様(仏様)、○○してください」ではなく、「神様(仏様)、日々のご加護に感謝します」と、必ず真言を唱える前に神様や仏様に伝えて下さい。また、祝詞にはものすごく長い物もありますが、普段なら「祓いたまえ、清めたまえ、守りたまえ、幸い(さきわい)たまえ」でよいですよ~。

仏様の特別のご加護が欲しい場合は真言を108回唱えて下さい。愛染明王の敬愛法なんかだと、7回→21回→108回の順番で唱えますが、こういう特別なものでなく、ご加護をいただいてる仏様とのご縁を強化したい、不幸な状況から脱却したい場合は108回で。個人的には108珠の数珠使うとカウントが便利なので、おすすめです。カウントに気を取られないためにも、数珠はご使用ください。それも普段の法事とかに使う片手のものでなく、ちゃんと108個の珠がついてるものがおすすめ。←1周すればOKだから。

108回唱える場合は、必ず声を出して唱えて下さい。どうやって発音したらよいかわからない場合は、youtubeで真言を検索すれば分かりますので、その発音で。できれば自己流は止めようね(人間が2000年近い歴史をかけて作ってきた知恵を優先のこと)。

光明真言とか、ガヤトリーマントラとか、そういった真言も同じように108回で。

ただし、仏様の真言を唱える場合は、108回唱えたら仏様に来ていただいた感謝を伝え、願いを伝えてから(なければ省略してよし)、あるべき場所に戻っていただくようお願いすることをお忘れなく。退去をちゃんとしないと危険ですよ。神様の祝詞の場合は、1回でOKです。ただし、これも声に出す事。そして来ていただいた神様に感謝を伝え、願いを伝えて(省略可)、あるべき場所に戻っていただきましょう。

このとき気をつけることは、「神様(仏様)を利用する」という意識は絶対に持ってはいけません。あくまでお願いして、来ていただくのだという謙虚な気持ちをお忘れなく。

で、声に出すのってどうして必要なのか。

口に出すことで、現実世界に届くからです。思ってても届く思念もありますが、ちゃんと口に出した方が早く届くでしょ。人間でも「あれが欲しい」「これお願い」と言われればやってもらえるけど、黙ってじーっと見てたって伝わらないし、分かったとしても行動したくないですよね。だから、ちゃんと神様や仏様にお願いをしましょうよ、ということです。

心の中で唱えても害はありませんので、どうしてもなら心の中で。

え、クリスチャンはどうするのかって?

マリア様なら聖母マリアの祈り、イエス・キリストなら主の祈りを唱えること、ロザリオの祈りは可能なら。こちらも声に出して、毎朝の感謝も忘れずに。お茶は供えなくていいですよ(笑)私はキリスト系あまり縁がないので、これは他の方に聞いたほうがいいかもな~。。。

twitterにて毎日のタロットリーディング+昨日のおさらい+先生テクニック公開してます^^

管理人ふみのサービスはこちら。(問合せ:forms@spirialcare.com)

タロットみたいな占星術!私おすすめの星読み講座はこちら

関連記事

管理人

タロット大好き、名古屋大好き、ビジネスアイディアを考えるのも大好き、「ふみ」です。

 

日常にもとづいたスピリチュアルを発信しています。

 

twetter @spiricare

PAGE TOP